元栓と止水栓では修理できる水道業者が異なる

元栓と止水栓は、どちらも水の流れを管理するところです。ここは給水装置となるため、個人での水漏れ 修理はできません。修理業者を呼ぶことになりますが、うっかり間違えて説明してしまい、修理業者から断られるケースというのも存在します。ではなぜそのようなケースが起こるのか元栓と止水栓の違いから説明します。

■元栓は実は一つしか存在しない

元栓と止水栓、どちらも水を止めるところと思われがちですが、元栓は家全体の水の流れを操作するもの、止水栓はボイラーやキッチンなど一箇所の水の流れを操作するもののことを指します。厳密な意味では、元栓というと水道メーターの横に取り付けられているもので、水道局しか管理できない決まりとなっています。そのため、メーター横の元栓にトラブルが起きている場合は、修理業者ではなく水道局へ連絡を入れてください。
一方で、キッチンや洗面台、トイレなどといった水道メーターよりも下流に設置された設備からの水漏れの場合は、修理業者に説明するときにはどこの止水栓から水が漏れていると伝えれば、確実に対応してくれます。

■止水栓から水が漏れたときの応急処置

止水栓から水が漏れた場合は修理のために修理業者を呼びますが、到着するまでの待ち時間にも水が出続けることとなります。そのため応急処置として元栓の方を締めてから溢れた水を拭き取ってください。水に濡れたままだと床材を傷める恐れがあります。
また、元栓を閉める段階になったとき、元栓の場所がわからなくては意味がありません。建物によってはある程度決まっている場合がありますので確認しておきましょう。戸建の場合は、量水計や止水栓と蓋に書かれた金属のボックスが駐車場や庭に埋められていますので探してみてください。マンションなどの集合住宅の場合は自分が住んでいる部屋の玄関ドアの隣などに設置されていることが多く、パイプスペースと呼ばれる鉄の扉の中にメーターとセットになって設置されています。もしパイプスペース内にない場合は、一括管理となっている可能性がありますので管理会社に確認してください。また、小さなアパートなどは、戸建の場合と同様に玄関付近の地面に埋められていることもあります。

■まとめ
止水栓は滅多なことでは動かしませんので経年劣化によって腐食する場合がほとんどです。個人で修理を考えずにまず修理業者にお願いして、自分はこれ以上被害が広がるのを防ぎましょう。水が漏れているということは床材が水によって腐食しているということですから丁寧に拭き取って乾燥させてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ